NAN-NAN(なんなん・?)大分合同新聞社×別府大学

NAN-NANトップへ

nannanってなに?

「NAN-NAN」(なんなん)は、大分の文化の掘り起こしと発展の一助となることを願ってインターネット上に開設したサイトです。大分合同新聞社と学校法人別府大学が運営を担当しますが、主役は県民そして大分に関心を持つ多くの皆様です。
後世に伝えたいもの、そして全国に伝えたいもの、それは大分にもいっぱいあるはずです。放っておけばなくなってしまう遺産を、デジタルの技術を使ってきちんと残していく。さらに現在の県民の活動の中からも、大分の文化として発信すべきものをデジタル化して全国に発信しながら後世に伝えていく。そんな活動を、皆様と一緒にしていきたいと願っています。

もっと読む・・・ >>

デジタルブックについて

デジタルブックとは、パソコンなどで読む本のことです。パソコンの普及に伴って、近年、急速に発展してきました。インターネット上に店開きした電子書店をのぞいてみると、今ではかなりの書籍が電子化され、電子書籍、電子ブック、eブックなどという名のデジタルブックになって、ずらりと並んでいます。

★詳細とご利用方法はこちら >>



■プライバシーポリシー

ライブラリー

「NAN-NAN」ライブラリーでは、大分の歴史や文化を伝える資料を順次デジタルブックに加工して公開します。「こんな情報もある」「ここは□□の間違いでは?」など、新たな情報や修正情報などがありましたら、ご一報ください。皆さんからの情報を元に改訂版を制作。充実を図ります。

オオイタデジタルブック

明日を守る
メルマガ「かぼすプレス」にて連載中
前へ…第30回大分国際車いすマラソン
阪神大震災、新潟県中越地震、福岡県西方沖地震、スマトラ沖地震、そして東日本大震災。大分大学がメインに過去の災害を研究し、今こそ自然災害に備えた安全・安心社会の構築を目指します。
テオ・ヤンセンの世界
第4回で完結しました
テオ・ヤンセンの世界
2011年夏、大分合同新聞社創刊125周年記念事業「テオ・ヤンセン大分展」を大分市美術館で開催する。プラスチックキューブなどが材料の風を食べて歩く狎弧紳劉瓩寮蟻里貿る。
浜風の町 佐賀関そぞろ歩き
第11回で完結しました
浜風の町
好漁場に恵まれた大分市の佐賀関地域。それぞれの土地には、漁師のまちならではの食文化や風習がある。浜からの穏やかな風を感じ、人々の暮らしを訪ねた。
未来をはぐくむ 地域と歩む子育て
第24回で完結しました
前へ…第30回大分国際車いすマラソン
古里・大分で安心して子育てをするには何が必要なのか。出産、保育、医療…。地域が子育てを支え、子どもたちと歩むことができる社会の在り方を考えていきます。
前へ…第30回大分国際車いすマラソン
第5部で完結しました
前へ…第30回大分国際車いすマラソン
1981年、世界初車いす単独の国際レースをスタート。76カ国、9180人のランナーが参加。大分で生まれ、今や世界最大規模に成長した大会への想いを関係者が伝える。
大分を創る
第29回で完結しました
新・魅せられて田舎暮らし
「食」「市町村合併」「バリアフリー」「地域医療」「地域雇用」「ツーリズム」「教育」の観点から、県内各地の地域の未来を探る。あなたが選ぶ暮らしの未来です。
新・別府恋歌
第58回で完結しました
女の交差点
泉都・別府市。人並みが絶え間なく続いた1950年代から少しずつ栄光はセピア色に風化した。観光再生を目指す2000年代に突入し、変わり行く人と町、暮らし、文化−。別府の狒粘薛瓩鬚弔鼎辰討い。
老舗の風景 第24回
第24回で完結しました
老舗の風景
「変わらないのがうれしい」と、「その一言」を聞くために歴史を重ねて信頼を得てきた。その地域の自然の恩恵に感謝し、景観を守り、それを後世につなげていくため老舗は新たな息吹を得てまた走り続ける。
新・魅せられて田舎暮らし
第13回で完結しました
新・魅せられて田舎暮らし
自然に囲まれた農山漁村で、新しい人生をスタートさせる人が増えているという。過疎と高齢化が進む地域に、どうして移り住んでくるのか。田舎暮らしを始めた人々のライフスタイルを紹介する。
女の交差点
第11回で完結しました
女の交差点
「依存症」、「セックスレス」、「一人の老後」などさまざまな人生の岐路に立つ現在の女性達。不安や喜びを胸に、もがき、抜け出した人の言葉には説得力があった。そんな女性たちの姿を描いていく。
バスを降りたら
第22回で完結しました
バスを降りたら
誰もが手軽に利用するバス路線。大分市内の隅々に伸びているそのバス路線を利用して、街中の個性的なお店を、郊外の田園風景や旧跡を、その近くに住む人々の暮らしぶりを紹介します。
心の扉 子どもたちは今
第4回で完結しました
心の扉 子どもたちは今
子どもたちが豊かさの中で喘(あえ)いでいる。非行、虐待、登校拒否…。何が子どもたちを追い詰めているのか。第1部はタイの子どもたちを通して、第2部は児童虐待について考えいきたい。
大分の海−海人の21世紀−
第4部 (番外編)で完結しました
異文化の風
「大分に生きる」に続く、NHK大分と本社の共同企画。漁業、海上交通、観光などさまざまな形で大分の 暮らしを支えてきた「海」をテーマに地域の問題を探る。
闘将物語 松田瑞雄
【第12章】で完結しました
闘将物語 松田瑞雄
高校野球に半生をかけた闘将松田瑞雄の物語。倏瓦蠅梁臂Ν瓧慌鵤音爐ら奇跡。闘将の名をほしいままにした松田野球とは。大分商監督や県高野連盟理事長など高校野球指導者の半世紀を振り返る。
『大分に生きる』
第4部(番外編)で完結しました
雲表の縦走路
大分の発展を支えてきた中山間地、いまは過疎化と高齢化でひん死の状態。農業、教育、福祉、祭りなど、NHK大分と本社の共同取材で地域再生の手がかりを探る。
APU発『異文化の風』
第12部で完結しました
異文化の風
世界81ヵ国の若者が集う立命館アジア太平洋大学。キャンパス内で広がる自然体の国際交流、「異文化との共生」など新世紀に挑む若者たちを一年間密着取材した新聞連載記事を電子ブックに再編した。
ふるさとの野の仏たち
第9回で完結しました
新田舎宣言
石仏の宝庫大分県… 野ざらしで人知れず黙々と佇んでおられる石仏にえもいえぬ魅力を感じた筆者。「野の仏に語りかけたい、声なき声を聞きたい」と、ふるさと大分の里山を訪ね歩いた。
雲表の縦走路
第25章で完結しました
雲表の縦走路
夫婦で、グループで歩く県内、九州、北アルプスの山登りに必読。著者が踏破した山々の姿と道程を生き生きと描いた「雲表の縦走路」を原著に120枚の白黒写真をカラー写真に変えて電子ブックで復刻。
新田舎宣言
第9部で完結しました
新田舎宣言
今、大分の地方はひん死の状態にある。過疎化と高齢化の波が静かで平和なムラを次々にのみ込み、集落の崩壊・消滅がじわじわと進行している。過疎大県大分の今と明日を見つめ地域社会再生への道を探る。
豊後の武将と合戦 第18章
完結しました。
豊後の武将と合戦
源平合戦の波及で緒方三郎惟栄の宇佐八幡襲撃から大友家終末の石垣原合戦まで豊後の九大合戦を郷土史家渡辺克己氏が書き下ろした、郷土の興亡に生死をかけた豊後の武将と合戦の物語。
草莽の志士 後藤純平
完結しました
上田保物語
大分県が生んだ草莽の志士「後藤純平」に焦点を当て、当時の社会情勢を題材に農民一揆や西郷隆盛の西南戦争に至る維新騒乱と後藤純平とのかかわりを綴った大分県の幕末維新騒乱記。
ロマンを追って 完結
上田保物語 完結しました
上田保物語
高崎山野生ザルのえづけ、世界初の回遊水族館マリーンパレス開館などアイデアマン元大分市長上田保の生涯を描いた一代記。福田平八郎、一万田尚人、木下郁、村山富市ほか多彩な登場人物。
大分の石橋探訪
(56)日田市−3で完結しました
大分の石橋探訪
石橋の魅力に駆られた一人の石橋研究家、岡崎文雄氏が大分県内に散在する石橋を探し求めて20年、流失や撤去を含めた618橋の所在を確認、その歴史や諸元を1000枚の写真とともに電子ブックにまとめた。
大分今昔
(30)で完結しました
大分今昔
昭和37年「いま記録しなければ過去は永久に失われる」と渡辺克己記者が明治の古老をたずね大分の歴史を綴った大分合同新聞連載記事。あれから半世紀、今はもう昔を語ってくれる古老もいなくなった。
ふるさとの駅
(24)松原ダム・鯛生
ふるさとの駅
大分県内にある国鉄の駅に各駅停車しながら、その町や村の歴史を振りかえり観光資源も訪ねて「各駅停車大分県歴史散歩」として25年前、大分合同新聞に連載された記事をデジタルブックで復刻しました。
別府今昔
別府今昔
明治・大正の生き証人である古老の話をもとに、かつての別府の姿を生き生きと描写した大分合同新聞の連載記事の復刻版。



大分の石橋物語
大分の石橋物語
昭和46年、大野町の千載橋が撤去され石橋の保全が社会問題化した。これをきっかけに「大分の石橋を研究する会」が発足、その地道な調査研究活動を「石橋15」で合同新聞に連載したものを復刻した。
原村小史
原村小史
大分市と合併した旧野津原 町のほぼ中央に位置する原 村は、七瀬川のせせらぎに 添う平和で豊な農村。その 原村の関係者たちが、手弁 当でまとめ上げた郷土史。 第10章「民俗・風習(下)」で完結しました。
各地観光の栞
各地観光の栞
昭和12年から14年にかけて、 当時すでに70歳を超えていた 別府在住の古老が、それまでに 収集していた各地の観光絵葉書 をファイルに整理したもの。


湯布院素描
湯布院素描
別府市在住の画家新山敏則氏が由布市湯布院に足しげく通い、風情豊かな四季の景色を描きとめたスケッチ集。開設とともに大分合同新聞に連載された。その一部を抜粋、紹介する。
故郷の肖像 別府(1)
故郷の肖像
ふるさと大分各地の昔を記録した写真集。初版は「各地観光の栞」からの抜粋でまとめています。「当家にも昔の写真がある」という方は、ぜひご協力ください。

ページ上部へ